Blog

Fit建築設計事務所のブログ

つい最近、藤本壮介さん著の「原初的な未来の建築」を読みました。この中で、氏は「洞窟」的空間を、モダニズムにおけるドミノシステムを超える可能性を秘めた概念として、象徴的に捉えています。非常に面白く、「目から鱗」的な内容でした。おススメです。
そのあくる日に、「地球を救う建築 High -Tech & Tradition」という展覧会の「槇文彦+陣内秀信+古市徹雄」シンポジウムに行ってきました。150人程度しか入れないこじんまりした会場で、槇文彦さんのレクチャーを1時間も聞けちゃいました。槇さんの話は、分かりやすい上に体験に裏打ちされた感じで、そのオーラに感動してしまいました。
ところで、偶然なのか単なる流行なのかわかりませんが、槇さんも「洞窟」をキーワードの一つとしたストーリーを話してくださいました。
かいつまんで言うと、人間はもともと動物であり、その動物が本能的に住居に求めることは「隠れ家」であること、そして敵を発見できる「眺望」があること。崖の中腹にある洞窟は、そういう意味でまさに理想的な住まいだそうです。槇さんは建築を考える際、そんなふうに人間の本質に回帰して、文化人類学的な視点でものを考えるそうです。そんな風に思考することによって、普遍性をもち、時間を超える建築が創造できるのではないかと考えておられるそうです。そしてその時間とは、「記憶の宝庫であり、建築と都市の調停者であり、時間だけが建築の最終審判者になり得る。」そうです。
いい話が聞けました。
ところで、本題と関係のない話のなかで、槇さんはこんなことも言ってました。「某元首相や某都知事は、『日本の風景が汚い』と言っているが、いまの日本の風景には必然的理由の上に成り立っているのだから、そんなことは言ってはいけない。」そうです。
そんな考え方もあるんですね。またもや目から鱗でした。

関連記事一覧

  1. BalanceWays

    地球を救う建築

    五反田デザインセンターで開かれていた「地球を救う建築 High-Tech and Tradition」という展覧会を観てきました。「エコ」が大ブームの昨今、環境問題は身近なものになりました。車は「エコ替え」を唱え(「エコ買え」かと、笑)、照明器具は徐々にLEDに移行していき、お店ではレジ袋を減らそうなどなど、至る所でこうしたCO2を減らそうという試みが盛んに行われています。地球温暖化危機に対して建築は何ができるか。自然と共生する叡智と現代技術を融合させ、これからの建築をつくる。地球を救うあり方を世界13カ国から20人の建築家が提案しています。古市徹雄氏や藤本壮介氏の作品など、日本の建築家の提案に惹かれるものがありました。難しいことは云いません。一人一人が「意識を持つこと」これが一番大事だと考えます。