Blog

Fit建築設計事務所のブログ

今日は、都心にリーズナブルかつ快適な住まいを得る方法について書いていきます。
オリンピック景気により土地・建物の価格が高騰する中、都心に一戸建ての住まいを持つことは、夢の夢とあきらめている方も多いのではないでしょうか。

そんな方々にお勧めしたいのが、旗竿地と呼ばれる土地を選ぶことです。
旗竿地とは、文字通り旗のような形をした土地で、道路から狭い通路を通って建物に入る形状をしております。

ではなぜ旗竿地であればリーズナブルで快適な住まいが建てられるのか。
ポイントは3つあります。
①変形地は同エリアの整形地に比べ、価格が安いこと
②しっかりと敷地に合った設計を行えば、旗竿地のイメージである、暗い・狭いというデメリットを解消できる可能性があること
③外観の大半が見えなくなるため、外装にそれ程コストを掛けなくても構わないこと
です。

弊社では実際に「明るく閉じた旗竿地の家」という住まいを手掛け、そのお施主様やご案内した方々から、「明るくて開放感があって、旗竿地とは思えない」とのお言葉を多数頂いており、これは他の方々にも広めないとと思った次第です。
→「明るく閉じた旗竿地の家」はこちら

Fit建築設計事務所では、土地探しのサポートも対応しております。
都心に快適な住まいをリーズナブルに得たいとお考えの方は、まずは以下よりお問い合わせください。
→お問い合わせ

→その他各種ご相談窓口はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。